ブラウザキャッシュの有効化でサイト表示スピードを高速化!【cocoon】

ブログ運営

 

cocoon設定から、サイト表示のスピードを高速化出来るって知ってましたか?

ブラウザキャッシュの有効化」設定をして、サイト表示スピードを上げましょう。

 

ブラウザキャッシュ とは

一度アクセスしたサイトのデータ(画像やHTMLなど)をブラウザで一時保存しておき、次に同じページにアクセスする際に前回保存されたデータが読み込まれるという仕組みです。

 

インターネットから読み込むより、速く表示することができるので、表示速度の向上・データ転送量の低下・サーバーの負荷低減ができるということなんです!素敵!

 

スポンサーリンク

ブラウザキャッシュの有効化の設定方法

では早速設定変更していきましょ~!

 

① cocoon設定 → 高速化

 

② □ブラウザキャッシュの有効化にチェック

  □CSSを縮小化するにチェック※CSS縮小化に関するプラグインを入れている方は、下の枠にプラグインのCCSファイル文字列を入力して除外させるか、プラグインのチェックを外しましょう。

(私はまだ、CSSに関するプラグインが怖くて入れてないです(笑))

  □JavaScriptを縮小化するにチェック※JavaScript縮小化に関するプラグインを入れている方は、下の枠にプラグインのCCSファイル文字列を入力して除外させるか、プラグインのチェックを外しましょう。

 

設定はこれで終わり!

 

設定前後のサイト表示スピードの変化

設定すると、サイト表示スピードが変化しました!

 

PageSpeed Insightsでスピード確認

PageSpeed Insights
パソコンver.

94:最初からそれなりに良い感じ!

   

93:謎の1スコア減少(笑)

 

モバイルver.

44:低すぎる…(笑)

   

51:6スコアUPです!

「遅い」から「平均」に上がっただけ上出来ですかね。

モバイルに関しては、もっと速度を上げる必要があるので良さそうな方法があったらまた記事書いていきます。

 

Test My Site ツールでスピード確認

モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする
たった今、モバイルでの自分のサイトの読み込み速度を確認しました。あなたもぜひ #TestYourSite で読み込み速度の改善方法を確認して、訪問者を逃さないようにしませんか。

 

モバイルver.

 

4秒/良好/離脱率:10%

   ↓

3秒/特に良好/離脱率:低

 

PageSpeed Insightsだとモバイルは微妙だったんですが、Test My Site ツールは良く(?)評価してくれました(笑)

 

 

以上!

「ブラウザキャッシュの有効化」設定方法でした。

 

☝とりあえずブログ書こっ!

コメント